脱毛器でのトラブルを回避する方法

脱毛器でのトラブルを回避する方法

###Site Name###

家庭用脱毛器でも、出力の高いタイプを使用した場合や間違えた使い方をしてしまった場合、脱毛部位を火傷してしまうことがあります。

ムダ毛をなくして、美しくなりたいと思ってい使用したのに、火傷をしてしまうと、色素沈着などの原因になってしまう可能性もあります。


家庭用脱毛器を使用することで、火傷をする原因としては、使用前に肌を冷やさなかった、ムダ毛の処理を怠った、照射テストを行わなかった、説明書を読まなかったなど、メーカーが推奨している方法とは異なる方法で使用したことが原因であることが多いようです。

つまり、火傷のトラブルは正しい方法で使用することで防ぐことが出来るトラブルであると言えます。


家庭用脱毛器での火傷を防ぐ方法として、ムダ毛は使用前日までにカミソリや電気シェーバーで剃っておくようにしましょう。

毛抜きは使わないようにします。



そして、ほくろやアザがある場合には、シールなどで隠しておくようにします。
日焼けをしているという場合には、使用を避けるようにしましょう。



そして、重要なポイントとして、使用前後に肌を冷やすという事があります。
肌を冷やすことで痛みを軽減させることが出来ますし、火傷のリスクも少なくすることが出来ます。


脱毛器を使用する人の中には、「どうせ脱毛するのだから」と、ムダ毛が長い状態で使用してしまう人もいるかもしれませんが、ムダ毛が長い状態だと、十分に毛根にダメージを与えることが出来ませんし、ムダ毛の伸びた部分にも熱が加わってしまうため、火傷のリスクも高まります。



脱毛器を使用する際には、説明書をよく確認し、正しい方法で使用しましょう。